2015年09月22日

AMCCから生まれた作品たち展_2015年9月!

今年で7回目の木工キャンプが9月25日にスタートしますが,旭川市内で木工キャンプの繋がりから生まれたイベントを開催しています。ぜひごらんください。
AMCCから生まれた作品たち展_表.jpg
AMCCから生まれた作品たち展_裏.jpg

【天使のコシカケ展・5 旭川】
AMCCから生まれた104PJ、AMCC開催期間中に展示会開催いたします。
たくさんの皆様のご来場お待ちしております。
|日時|  2015年9月15日(火) - 29日(火) 9:00-17:00
|展示会場| 旭川家具センター 北海道旭川市永山2条10丁目
|WORKSHOP|
 9月26日(土) 10:00〜、11:00〜、13:00〜、14:00〜
    @5,000円コース、A8,000円コース(消費税別)
    各時間5名程度、作業時間は45分程度
    ワークショップ会場 (有)インテリア北匠工房
    ※展示会場とは異なりますのでご注意ください!
    上川郡東神楽町北1条西4丁目1-1
    定員20名(事前予約受付)※小学生以下は親子でご参加ください。
    予約受付 (有)インテリア北匠工房 電話0166-74-4890
 |参加メンバー|
   (有)インテリア北匠工房|大沼 勇樹|岡田 通人|
   otobe.design|KENRIKI|小助川 泰介|小林 浩一|
   柴田 映司|switch design|野木村 敦史|
 |主催| (有)インテリア北匠工房、104プロジェクト
 |協力| 旭川家具工業組合、旭川木工コミュニティキャンプ
 |企画| 萩原修、野木村敦史
 |グラフィック・会場デザイン|switch design 
                  
104プロジェクトは、
2014年1月4日にスタートした端材や間伐材を使って家具をつくるプロジェクト。ウィスキーなどが樽の中で熟成中に蒸発して減少する分を「天使のわけまえ」と呼びます。これと同じように、家や家具などつくる時にでる「端材」や建築物などを取り壊す時に処分する 「廃材」なども「天使のわけまえ」と考え、有効に活用する方法を考えました。天使のわけまえ」にドリルで穴を開け、テンションをかけた金属の脚を差し込むことで、 誰でも簡単に自分だけの椅子をつくることができるシステムです。今回の展覧会では、参加メンバーによる多様な「天使のコシカケ」が並び、ワークショップなどを開催することで、「104プロジェクト」の意義と楽しさを 実感してもらいたいと思います。

【コド木工 旭川展】
 AMCCから生まれたコド木工の展示会とワークショップを、壺屋 き花の杜で開催しています。たくさんの皆様のご来場お待ちしております。
|日時|  2015年9月19日(土) - 27日(日) 9:30-19:00
|展示会場| 壺屋 き花の杜
    北海道旭川市南6条通19丁目(元大雪の蔵跡)
|WORKSHOP|
 9月26日(土) 
  10:00〜随時受付
    @木のスプーン製作 1,000円
    A木製 笛 製作 500円
    作業時間はどちらも30分程度
    ワークショップ会場 き花の杜

予約受付 壺屋 き花の杜 電話0166-39-1600
 |主催| コド木工
 |協力| 壺屋総本店,旭川木工コミュニティキャンプ
                  
コド木工は、
「旭川でつくるコドモといっしょの木の道具」
コドモと木の組み合わせを真面目に考える「コド木工」。木工の産地「旭川」の作り手と,デザイナーがいっしょになって,「ああだ,こうだ」と対話を重ね,いくつかの木の道具ができました。見たことあるような,ないようなカタチ。そして,木の手触りと存在感。コドモといっしょの毎日の暮らしの中に,とけ込んで欲しいと思います。
posted by AMCC MONO at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 展示