2010年05月17日

ドリーミィーパーソン 得永さん

旭川の嵐山地域にありますドリーミィーパーソン 得永さんを紹介します。
お店の名前はブラウンボックスです。
dp_ga
旭川地域の木工クラフトを買いたいなと思ったら、まず訪れたい場所です。数多くの作家さんのものや得永さんがデザインしたオリジナルの製品を見ることが出来ます。
dp_sh
得永さんはユーモアセンスがあります。ときどき笑いのレベルが高く気付かない人も。そんな得永さんだからこそ展示にもくすっと笑いたくなる所も。是非見つけてください。
得永さんがデザインした商品はほかの人が考えもしないアイディアの商品が多いです。遊び心満載でいつも驚かされます。
dp_sa

また運がよければ専務(専務という名のネコ)が店番をしているので対応してくれます。寝転がったらお腹を撫でてあげてください。とてもかわいいです。

ドリーミィーパーソン 得永さんは問屋であり小売店であり企画・デザイン、OEM生産などを行っています。旭川で何か作りたいなと思ったら相談にも乗ってくれます。当然仕事としても受けてくれます。

得永さんの仕事は一つ一つがきちっとしています。荷物の詰め方伝票の書き方、どれをとってもビックリするほど丁寧です。そこまでこだわるということは製品の品質や応対すべての面においても素晴らしいです。いつも勉強させてもらうことが多いです。そういう会社だからこそ安心して一緒に仕事をすることが出来ると思います。
posted by AMCC MONO at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | クラフト

2010年05月13日

ABO窯・雅窯さん

夫婦で陶芸をしている阿部さんをご紹介いたします。
阿部さんはとても料理が上手で昨年のAMCCの食材調達や料理をしていただきました。阿部さん夫妻は優しくてとても面倒見が良いです。困った時はいつも助けられています。
abe_gaikan
料理上手な阿部さんが作る器は使う人の立場を考えた器です。もともと陶芸は自分の家の器を作るために始めたとのこと。そのためなのか実際使用してみて使いやすいし、料理が映える器が多いです。
abe_sa
是非一度使用して欲しいですね。一層料理が美味しくなる事間違い無しです。
ショールームもありますので是非お立ち寄りください。(G)
ABO窯
雅窯

posted by AMCC MONO at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | クラフト

2010年05月08日

高橋工芸 高橋秀寿/KAMI、Cara、kakudo

こんにちは、ヨシダナオトです。
GWはみなさんいかがお過ごしでしたか?
ぼくは仮面ライダーWを見に行ったり、旭山動物園に行ったり、ラーメン食べたりと、そんな感じでした。

img_0789.jpg
さて、今回ご紹介するのは高橋工芸 高橋秀寿さんが手がけるMONO。
kakudoシリーズやKAMIマグ、KAMIショットグラスのデザイナー大治将典さん、Caraシリーズのデザイナー小野里奈さん。彼らと共に素晴らしいテーブルウェアの数々を生み出しています。
国内はもちろん、海外でも人気が上昇中のKAMI Glassをはじめとした高橋工芸のアイテムから今後も目がはなせません。

Oji & Design
www.o-ji.jp

rinao design
www.rinao.jp

高橋工芸
www.takahashikougei.com
posted by AMCC MONO at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | クラフト

2010年05月03日

鈴木工房さん

クラフトを製作している鈴木工房さんを紹介します。
鈴木さんは東川町のクラフト街道に工房を構えています。
工房の隣にはギャラリーがあります。
suzuki_koubou
鈴木さんは常に新しい発想でモノづくりを行っていて、ワクワクする商品が多いです。色取鳥はその発想に驚かされました。
また大雪山の動物シリーズのペーパーウェイトはどの動物も可愛いのですがエゾモモンガが人気があります。愛嬌のある顔を眺めていると心が和みます。
鈴木さんの工房は特に糸鋸の加工の腕は凄いの一言です。色々なところのオーダーの仕事もしています。
鈴木さんは面倒見が良くとても頼りになります。
教える事が大変上手な鈴木さんは木工教室も行っています。
suzuki_cr

鈴木工房のホームページ
posted by AMCC MONO at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | クラフト

2010年04月25日

瀬戸晋さん

クラフト作家の瀬戸晋さんを紹介します。
瀬戸さんは旭川市東旭川町豊田に工房を構えています。
旭山動物園の近くです。(近くといっても歩いて行こうとすると結構な距離です。)
seto_s
瀬戸さんの作品はおもにノミの跡を活かし、そこに拭き漆仕上げをしたシンプルな形の器やお盆です。
ノミ跡を生かすということは匙加減が非常に難しいのです。木には木目もあり、その木目を生かすように絶妙なバランスでノミで仕上げ作り出される器はどれも一つとして同じ表情ではなくそれぞれ個性的で器の表情は見るものをうならせます。あの料理を盛り付けたいななど想像を膨らませてくれる器です。
瀬戸さんは研究熱心であり努力家で様々な挑戦をしながらこの作品を生み出しました。今も新しい挑戦をしています。現状では満足せずさらに上を目指しています。(G)
seto_sa
余談
瀬戸さんの愛犬サンペイはとても忠義な犬です。用事や飲み会があるときは車で帰りを待っていたり、いつも感動します。本当に瀬戸さんが好きと言うことが分かります。瀬戸さんの工房にいます。常に瀬戸さんの側にいるという印象です。

瀬戸さんが銀座で展覧会を開催します。是非足をお運びください。
エポカザショップ銀座・日々
瀬戸晋+宮岡麻衣子 二人展【木工+陶芸】 [2010年6月11日 - 16日]
posted by AMCC MONO at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | クラフト

2010年04月22日

臼田健二さん

クラフト蒼 臼田健二さんをご紹介いたします。
臼田さんは東川町のクラフト街道に工房とギャラリーを構えています。
ギャラリーは臼田さんの手作りです。
ギャラリーには臼田さんの木工作品と写真が並べられています。
usuda_s
臼田さんの商品には木材と木材を積層し削りだした製品が多くあります。
代表作は木の葉のボール。
旭川美術館に2008年収蔵されました。
木の葉のボールをはじめてみたとき、曲線の美しさとその存在感に感動しました。手で削りだしてこの造形を作り出した腕にも驚かされた。手だからこそ生まれた形と行っても良いかもしれない。
usuda_sa
実は臼田さん写真も銀座ニコンサロンで個展をした腕前です。本業が木工なのか写真家なのか分からないぐらい写真も素晴らしいです。ホームページにも載っています。
是非、臼田さんのギャラリーで木の葉のボールや写真などご覧下さい。(G)
臼田健二さんのホームページ
臼田さんのブログはこちらです。
posted by AMCC MONO at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | クラフト

2010年04月19日

to・mo・ni/wrapqarw[ラプカル]

472x.jpg
こんにちは、ヨシダナオトです。
既にスタートしていますが、「AMCC MONO Blog」は僕とごとうさんと杉本さんの3人で紹介していきます。


to・mo・niブランドをスタートしたのはみなさんご存知(かどうかわかりませんが)のwrapqarw[ラプカル]というコードマネージャーをつくりはじめるのがきっかけでした。
詳しくは以下のリンクをチェックしてみてください。
http://www.to-mo-ni.jp/ja/product_wrapqarw.php

2009年1月より旭川でつくられた木のアイテムを海外へ紹介する「to・mo・ni wholesale & distribution」をスタートしています。
高橋工芸(http://www.takahashikougei.com/)のKAMI、Cara、kakudoシリーズをはじめTUC(http://www.kinomama.co.jp/)のφシリーズや丹野雅景くんのカードケース、to・mo・niのwrapqarw[ラプカル]などを紹介しています。

Woodを基軸に色々なコトやモノやヒトが繋がっていってるなぁと日々感じてます。
長くなるので今日はこの辺で。


to・mo・ni
http://www.to-mo-ni.jp
Follow us on Twitter http://twitter.com/tomonijp
posted by AMCC MONO at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | クラフト

2010年04月17日

TUCさんの記事

TUCの丸一さんとデザイナーの小野里奈さんが一緒に開発した商品『φシリーズ』( コースターと鍋敷き)が4月16日の北海道新聞に取り上げられました。

φシリーズは『技術をもっと広く知って欲しい』という丸一さんの想いを聞き、小野里奈さんがデザインを考え、強度と材料の厚みとデザインの観点から幾度となくやり取りや試作を繰り返し出来た製品です。何度も使用してみました!

お互いの技術やノウハウがあったからこそ生まれた一品です。(G)

dsi100416

加工屋 TUC 丸一直哉

デザイナー rinao design 小野里奈
posted by AMCC MONO at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | クラフト

2010年04月14日

早見賢二さん

木工クラフトアーティスト早見賢二さんをご紹介いたします。
早見さんは東川町で鳥のモビールやロベロベーを主に製作しております。施設のロビーなどディスプレーも手がけています。
hayami10
 早見さんの工房とギャラリーのある場所は緑や自然が宝庫な場所で、家の前には池がありそこには虹鱒が泳いでいます。その池は地下水が湧いてできています。
春にはクレソンや白樺の樹液の恵をいただける魅力的な場所です。
その早見さんの工房の周りには作品のモデルになっている多くの鳥達が訪問します。
早見さんのギャラリーでは多くの鳥達が出迎えてくれて、その鳥達は優雅に室内を飛び回っています。
早見さんの鳥の羽ばたきは本物のようにな動きです。それを可能にしているのは鳥や作品に取り入れられる機構です。その機構を考え出す発想や工夫にはいつも驚かされます。

hayami_sakuhin

早見さんは博学でいつも色々なことを教えてくれます。(G)

早見賢二ホームページ
posted by AMCC MONO at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | クラフト